先月リニューアルリリースしたエフトラEFOのサービスサイトのフォームの
EFO実例を紹介する以下シリーズの第4回、完結編です。

  1. 入力ページ編
  2. 入力補助機能編
  3. 確認ページ編
  4. 完了ページ(サンクスページ)編

今回は<完了ページ(サンクスページ)編>として、フォーム送信後の完了ページ(サンクスページ)で気をつけた点・工夫した点ついてお伝えしていきます。

題材のフォーム

今回取り上げるフォームは、引き続きこちら。
無料トライアルお申し込み|EFO(エントリーフォーム最適化)なら「エフトラEFO」
エフトラEFOの機能を30日間無料でお試し頂ける無料トライアルフォームです。
入力、確認、と進み最後の完了画面は、このようになっています。
完了ページ
それでは具体的なポイントをご紹介していきましょう。

目次

  1. 今後の流れを明示
  2. 有用と思われる情報を頭出しする
  3. ”追い”オファー
  4. コンテンツの紹介も兼ねる

今後の流れを明示

今後の流れを明記
フォーム送信後のユーザーが気になる次のステップ。
まずは「1~3営業日中にご連絡しますので、少々お待ちください。」という直近のネクストステップを簡潔に記載しつつ、
図版を交えてその後トライアルが開始するまでの大まかな流れを表記しました。
後工程の流れが見えることでユーザーに安心感を与えられるのではないでしょうか。

有用と思われる情報を頭出しする

関連FAQ
無料トライアルに申し込んだ人がその後疑問に感じそうな点を「よくある質問」として完了ページに頭出ししました。
送信するまでは気にならなかった点だとてでも、関連FAQを閲覧することでトライアルが始まるまでに理解を深めておくことができます。
当然、その後のコミュニケーションがスムーズに進む効果が期待できると思います。

”追い”オファー

追いオファー
今回申し込んだトライアルで「できること」を改めて3つのポイントにしぼって記載しました。まさに”追い”オファー。
サービス内容の理解にも一役買うほか、実際にトライアルが始まるまでにユーザーに期待を高めてもらえれば…と思います。

コンテンツの紹介も兼ねる

親和性の高そうなコンテンツの紹介
トライアルを申し込んでくれた方=EFOに興味・関心がある方と考えられますので、
このブログを読んで「役立った」と感じていただける人の割合は高いはずです。
少し「有用な情報の頭出し」にも似ていますが、ブログやメールマガジンなど、関連性のある(親和性の高い)別コンテンツの紹介を行なうにも、完了ページは絶好のチャンスなのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回は、エフトラEFOサイトのフォームの完了画面で工夫した点をまとめてみました。
ついついあっさり終わってしまいがちな完了ページですが、ここに少し手を加えるだけでサービスに対するユーザーの印象はグンと良くなり、引き上げ率への好影響も期待できそうです。
完了ページでも丁寧な「おもてなし」、心がけていきたいですね。