本日は、EFO(エントリーフォーム最適化)に関する興味深いインフォグラフィックスを紹介します。
下記のインフォグラフィックスは、米国シアトルの起業家Neil Patel氏が昨年公開したもので、「コンバージョンのためのフォーム最適化のハウツー」と題し、EFOのための具体的な手法をわかりやすく表したものとなっています。
インフォグラフィックは、こちらです。(すべて英語です)
※クリックすると拡大します。
howtooptimizecontactforms
以下、概要となります。

項目の数と入力タイプの問題

  • 項目数はできるだけ少なく
  • セレクトボックス形式はできるだけ少なく

一番重要な情報にだけこだわれ

  • 項目をひとつなくしたしただけで利益が上がる事例(Expedia社)
  • 任意項目に変えるだけでも効果が

送信ボタンの文言にこだわれ

  • 「送信」ではCVRは3%減少
  • 「こちらをクリック」「GO」などが好成績

ラベルのTips

  • ラベル文言は右寄せがいいか左寄せがいいかに正解はない
  • 左揃えのほうが、可読性が高い
  • 2カラムの項目は混乱を生む(できるだけ距離を近づけよう)
  • 項目の上にラベルを置くのがベター

何よりも自分でテストしてみることが最善の方法を導き出す

  • フォームを置く位置を変えたら成績があがった例
  • フォームのタイトルを変えたら成績が上がった例

まとめ

いかがだったでしょうか。
ご担当のフォームで活用できるハウツーはありましたか?
最後にもありましたが、EFOにおいて、結局はご自身のフォームでテストしてみるのが一番の近道です。
ぜひ、上記の事例を参考にしながら改善を進めてみましょう。
参照元:How to Optimize Contact Forms for Conversions
http://www.quicksprout.com/2013/01/31/how-to-optimize-contact-forms-for-conversions/